コンサルティング
初めての賃貸経営は区分所有マンションがオススメ
物件オーナーに聞いた賃貸経営を始めた3つの理由

様々な物件のオーナーである人も一番最初は、右も左も分からなかった素人です。
そんな人が賃貸経営を始める主なきっかけは次の通りです。

安定した継続収入

労働所得とは別に安定した収益源を求めたケース。金融商品は流動性が高く、短期的に思わぬ値下がりの可能性があるのに対し、不動産投資は、インフレなどの影響も受けにくく長期的に安定的な収入を獲得しやすい性質があります。

節税効果

賃貸経営には節税効果があります。不動産業者として「必要経費」が認められるからです。管理費や修繕費、借入金の利息や減価償却費などが経費になり、家賃収入からそれらを差し引いたものが「不動産所得」となり、これが課税対象となります。 会社員としてアパート経営をする場合、不動産所得は自分で確定申告する必要があるため、経費を多く計上できれば、それだけ課税所得を圧縮できます。 その結果、所得税や住民税の節税につながるというわけです。

相続を受けた土地の活用

親族が生前に住居していた土地を活用するケース。ほったらかしにしていても課税されるだけなので、そのまま賃貸とするケースから平地にして駐車場として賃貸するケースまで、様々あります。

物件オーナーに聞いた不動産経営の不安要素

メリットが大きい不動産経営ですが、不安要素(リスク)を排除しより安定した不動産投資を実現しましょう。

空室対策

月々のキャッシュフローに直結する最も回避する必要の高いリスクです。周辺の環境の変化や募集時期によっても対策方法が変わります。賃貸業者への営業や空室情報の拡散など、空室の期間をより短くする為の対策が必要です。

弊社へ管理を依頼されるオーナー様は「これまで管理会社が募集活動まで行ってくれなかった」という悩みが多いようです。

弊社では、これまでに築いてきた不動産ネットワークと、自社メディアを活用して入居者の募集をしています。

家賃滞納

入居者による家賃滞納は収入に直接関わってくる問題で、ローン返済などにも支障が出てくるため、回避すべきリスクのひとつです。

弊社では保障制度を取り入れており、オーナー様へは毎月決まった期日に入金を約束しています。

弊社が紹介する投資物件はこちら

投資物件一覧

お気軽にお問合せください。


初めての物件管理依頼や管理会社の変更など、物件管理に関する内容はお気軽にお尋ねください。


不動産管理・不動産投資の
株式会社リーフビルライフ

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

物件無料査定のご相談はこちら